網膜剥離の手術をし、だいぶ落ち着いてきたのでメガネを作りたい

左右の像の大きさが違うので改善できるメガネを作りたいと仰り来店された54歳男性
イメージ画像
スクリーニング(おおざっぱな検査)で不等像改善が可能な目でしたのでメガネ作成の運びになりました。
この方は網膜剥離が原因で網膜の中心部分が、発症前と比べ微妙にズレ、
右目と左目で見た物の位置が異なって見える状態になったと思われます。
まるで斜位と同じような状態です。
このような場合アイケアシステムではサイズレンズとプリズムレンズの組み合わせメガネで対応してますが、
今回のこの男性の方にもそのようなパソコンメガネで対応しました。

お渡し時の検査では見え方の感触も良くそのままお使い頂く事になりました