遠視の矯正

今回は遠視の矯正方法(メガネでの)をアニメーションで見ていきましょう。

「遠視」メガネでの矯正

下のアニメーションでは、初め未矯正状態での遠視の光路を示しています。眼前からの平行光線は網膜の奥で収束しています。
次に眼前にメガネ(凸レンズ)を装用することで眼前からの平行光線はレンズ通過時内側に曲げられその後網膜上で収束しているのが解ると思います。
未矯正状態で網膜と像の位置が離れれば離れれば離れるほど遠視が強く
光線を曲げる力も強くしなければなりません。
つまり強い度数で対応しなければなりません。

凸レンズは光線を内側に曲げます。

遠視の矯正