遠視性複性乱視

遠視性複性乱視は、垂直光線束は網膜中心窩(もうまくちゅうしんか)後方で収束し水平光線束もその後方で収束した状態を言います。
つまり前焦線が網膜中心窩後方で結像し、後焦線もその後方で結像している状態です。下記のアニメーションをご覧戴ければ尚解りやすいと思います。
また、水平光線束より垂直光線束が手前で収束しているので「直乱視」と呼ばれている乱視です。
ここで、水平光線束より垂直光線束が後方で収束しているのが「倒乱視」と呼ばれている乱視です。

遠視性複性乱視

次回は「直乱視」と「倒乱視」の言われについてお話ししたいと思います。