単性遠視性乱視の矯正

単性遠視性乱視のアニメーションは、水直光線束(青色面)は網膜中心窩(もうまくちゅうしんか)上で収束しているので矯正する必要がありませんが、水平光線束(赤色面)は網膜中心窩手後方で収束しているので、この光束だけ円柱凸レンズ(トーリックレンズ)を用い網膜中心窩上で収束させればよい事になります。

単性遠視性乱視

上の円柱凸レンズ(トーリックレンズ)を軸180°にし眼前にセットすれば後焦線は前方に移動します。前焦線と後焦線が交われば焦点になり乱視の矯正は完了と行きたいところですが、良からぬ調節介入(水晶体の不要な介入)の懸念があるためちょっと遠回りな検査をすることになります。続きは次回。